2011年の映画。
監督は、ザック・スナイダー。
原題 『予想外のパンチ』
上映時間 1時間50分。

出演はエミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジェイミー・チャン、オスカー・アイザック、カーラ・グギーノ、ジョン・ハム、スコット・グレン、リチャード・セトロン、ジェラルド・プランケット、マルコム・スコット、ロン・セルモア、A・C・ピーターソン、フレデリック・ド・ラコート。

制作総指揮にトーマス・タル、ウェスリー・カラー、ジョン・ジャシュニ、脚本にザック・スナイダー、スティーヴ・シブヤ、音楽をクリストファー・デファリア、ジム・ロウ、ウィリアム・フェイ、タイラー・ベイツ、マリウス・デ・ヴリーズが担当しました。

非現実の世界で超人的能力を持った少女たちが繰り広げる壮絶な戦いを描くバトル・アクションです。
何故か急に思いだして、忘れないうちに紹介しとこうと思いました。
ビックリするぐらいバグッてて、すんげーつまらなかったです。予告だけは、すんげー面白そうなんですけど、すんげーつまらなかったです。例えるなら・・・。
BlogPaint
こんなかんじ・・・。(意味不明でごめんね)

~あらすじ~
幻想的な世界に閉じ込められたベイビードール(エミリー・ブラウニング)は、バーチャル兵器を使いこなす4人の女戦士を集め、自由を求めて戦うことに。想像の世界の中でワイズマン(スコット・グレン)の手助けを受けた彼女たちは成功すれば自由を手に入れることができるが、そのためにはある犠牲を強いられる運命にあった。
 
おすすめしません。

海外映画 ブログランキングへ