2006年の映画。
監督は、クリストフ・ガンズ。
原題 『サイレントヒル』
上映時間  2時間7分。

日本のコナミによる同名の大ヒットゲームをもとにクリストフ・ガンズ監督が映画化した作品です。
廃墟となった街〝サイレントヒル〟を訪れた母子。だが、そこは一度は行ったら抜け出せない街だった・・・。
出演は、ラダー・ミッシェルショーン・ビーンジョデル・フェルランドローリー・ホールデンデボラ・カーラ・アンガーキム・コーツターニャ・アレンアリス・クリーグジョデル・フェルランド

制作総指揮にヴィクター・ハディダアンドリュー・メイソン、脚本にロジャー・エイヴァリー、音楽を山岡晃ジェフ・ダナが担当しました。


暇つぶしに観たんですが・・クソつまらなくて泣けました。 
この映画のジャンルはホラーなんですが何が一番怖いかというと、そのつまらなさです。
つまらなすぎて鳥肌もんでした。頑張って最後まで観た自分を怒鳴りつけてやりたい気分です(ぷんぷん)
ゲームの方はやった事がないのでやってみたいと思うんですが怖いの嫌いだから一人ではやりません。



~あらすじ~
「サイレントヒル……」と謎の言葉を発して悪夢にうなされながら失踪してしまった最愛の娘シャロン(ジョデル・フェルランド)を探すため、ウェストバージニア州の街“サイレントヒル”を訪れた母親のローズ(ラダ・ミッチェル)。彼女は、忌まわしい過去がある呪われたこの街で、想像を絶する恐怖に襲われる……。


おすすめしません。
 
海外映画 ブログランキングへ