2016年のアメリカ映画。
監督は、デヴィッド・エアー。
原題 『決死部隊』
上映時間 2時間3分。

暇なんで映画館で9月10日公開の『スーサイド・スクワッド』を観に行ってきました。
20160910_173515
正義のヒーロー亡きいま・・・世界の運命はとんでもない奴らに委ねられたDCコミックの悪役たちが、人類を滅ぼそうとする敵を倒すために大集合ってな感じです。

出演にウィル・スミスマーゴット・ロビー、ジャレッド・レトー、ジョエル・キナマン、ヴィオラ・デイヴィス、ジェイ・ヘルナンデス、アドウェール・アキノエ=アグバエ、アイク・バリンホルツ、スコット・イーストウッド、カーラ・デルヴィーニュ、福原かれん、アダム・ビーチ、シェイリン・ピエール=ディクソン、ジム・パラック、コモン、コリーナ・カルデロン、デヴィッド・ハーバー、ケヴィン・ヴァンス、アレックス・メラズ、エズラ・ミラー、ベン・アフレック

制作総指揮にザック・スナイダー、デボラ・スナイダー、コリン・ウィルソン、ジェフ・ジョンズ、脚本はデヴィッド・エアー、音楽をスティーヴン・プライスが担当しました。

もし人類以上の力を持つ敵が攻めてきたらどうしようそこで政府が考えだしたのは、凶悪犯ばかりを収容するベル・レーヴ刑務所の中でもとびきりヤバイ連中を集めて、特殊部隊を作るという非常識にもほどがあるプランでした。このゴロツキ集団を率いるのはタフガイ軍人のフラッグ大佐(ジョエル・キナマン)。しかし彼らが素直に言うことを聞くわけがない・・・。そこで考えだしたのは、彼らの首に小型爆弾を埋め込むというアイデア。逃げたり逆らったりしたらスイッチ一つでドカンこうして最凶の犯罪者部隊が世に解き放たれた訳であります。

「僕は、ちょうど『フューリー』をやったところでね、あれは、僕にとって最初の歴史もので、すべてを一から作り上げなければならなくて・・・それが一つの世界を作り上げるというのは、凄く刺激的な体験でね。そして、さらに大きく、もっとマジカルな世界を創造してみたいと思って、コミック・ブックの映画をやってみたくなったのさ。それに僕は犯罪ドラマに強い関心を持っている。泥棒や警察が出てくるような話が好きなんだ。悪いやつらが良い事をする『スーサイド・スクワッド』は、そんな僕にあってるよ。フィルムメーカーとして、これは新しいキャンバスだったんだ。」と本作の監督と脚本を手がけたデヴィッド・エアーは語っています。

悪役が主役なんて私好み出演者もまあまあでこれは期待できそう~
ってな訳で、そんな悪役軍団のメンバーを絵入りで紹介してみましょう。( ゚Д゚)y─┛~~

まずはハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)
本名は、ハーレイ・クインゼル。有能な精神科医だったが、ジョーカーと恋に落ちて、彼の為に悪党として生まれ変わる。身体能力は非常に高く、敵の攻撃を楽々かわしてバット1本で片っ端から叩きのめしていきます。
BlogPaint

「あの役には、彼女しか考えていなかったよ。彼女の事は『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で観ててね。今となっては、誰もハーレイ・クインに彼女以外を想像することが出来ないと思う。彼女は楽々とやっているように見せているけど、あれは凄く難しい役なんだ。彼女は演技力もあれば、肉体的にも優れている。スタントはほとんど自分でやったよ。エキゾチックで、クレイジーで感情的で、楽しくて、複雑なキャラクターのハーレイ・クインを、彼女は見事に演じきってくれたんだ」とデヴィッド・エアー監督。

それから、デッド・ショット(ウィル・スミス)
本名は、フロイド・ロートン。4キロ先の標的も打ち抜く凄腕ヒットマンです。その腕前は百発うっても弾痕は一つだけという凄さ。唯一の弱点が幼い娘で、ただの殺し屋じゃないことを証明しようとします。
BlogPaint
「ウィルは、ビジネスマンとしても、とても頭が良く、優れた才能を持っている男なんだ。良い作品をどう選ぶかを知っているからこそ、彼はキャリアで成功を収めてきたわけだよ。この映画で、彼は、クレイジーな家族の父親的存在を演じているんだけど、彼にはパーフェクトな役なんだ。リーダーみたいな役柄だから。」とデヴィッド・エアー監督×2。

つぎは、エル・ディアブロ(ジェー・ヘルナンデス)
本名は、チャット・サンタナ。体から炎を放つことができ、あっという間に相手を黒焦げにします。だが、ある事件がきっかけでその力を封印、自首して刑務所に。
BlogPaint

つぎは・・・・。
BlogPaint
疲れたからオシマイです。その他7人足して総勢10人のチームです。
続きが気になる方は、ごめんなさい。(-人-)ごめんよおぉ

そんな『スーサイド・スクワッド』の感想は・・・最高に・・・・・っ。
BlogPaint
つまらなかったです。ォリャ(/゜Д゜)/┻┻
最初から最後までマジで泣きそうなぐらいつまらなくて最後は泣きました。・゚・(ノД`)・゚・。
上映前に食いきってしまったポップコーンがあればスクリーンに向かって投げつけてやったのに・・。
くやしい
今年の中ではダントツの1位です。(つまらないほうね\_(・ω・`)ココ重要!)
個人的に感じたことは、「素人が作った方が面白そう」です。

~あらすじ~
世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。

おすすめしません。

海外映画 ブログランキングへ