2016年のアメリカ映画。
監督は、スティーヴン・スピルバーグ
原題 『BFG』
上映時間 1時間58分。
 
暇なんで9月17日から公開の『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』に行ってきました。(>Д<)ゝ
府中の映画館で観たんですが初日なのに空いてました。ちなみに『君の名は。』が相当混んでました(笑)
image
おいおい・・・。どんだけ・・デカイんだよ?って感じのポスターを見ながら(笑)まずは、映画について説明させていただきます。スティーブン・スピルバーグが久しぶりに手がける少女と巨人が織りなすファンタジー作品で実は監督としてディズニーと組むのは本作が初めてだそうです。

①簡単なストーリー。
両親を亡くしロンドンの児童養護施設で暮らしている好奇心旺盛な10歳の少女ソフィーは、その夜ベットを抜け出して街の様子を眺めていました。すると闇の中から巨人が現れるのを目撃目が合ってしまったソフィーはベッドに逃げ込むが巨人は彼女を連れて〝巨人の国〟に連れ帰ってしまう。って所から始まる物語です。

②原作
数々のファンタジーの名作を生み出してきたスティーブン・スピルバーグ監督が、英国児童文学の巨匠ロアルド・ダールのベストセラー『オ・ヤサシ巨人BFG』を映画化した作品です。


③おーいスタッフ~~(* ̄o ̄)ゝオーイ!!
脚色を『E.T.』のメリッサ・マスシン(これが遺作)が手がけ、制作総指揮にキャスリーン・ケネディジョン・マッデンクリスティ・マコスコ・クリーガー、音楽にジョン・ウィリアムズ、撮影にヤヌシュ・カミンスキー、編集にマイケル・カーンが担当します。

出演はBFG役に『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー賞助演男優賞を得たマーク・クライアンス( 山路和弘)、ソフィー役にルビー・バーンヒル(本田望結)をはじめ、女王役にペネロープ・ウィルトン(鈴木弘子)、マルノミ役にジェマイン・クレメント(山野井仁)、メアリー役にレベッカ・ホール(山田里奈)、Mr.ティブズ役にレイフ・スポール(小林親弘)、チダラリン役にビル・ヘイダー(落合弘治)、ニクスキー役にマイケル・アダムスウェイト(田尻浩章)、ガブリン役にダニエル・ベーコン(宗矢樹頼)、ゴックリン役にクリス・ギブス(石住昭彦)、ハグリン役にアダム・ゴドリー(佐々木啓夫)、ペロリン役にジョナサン・ホームズ(斎藤志郎)、ダラリン役にポール・モニツデ・サ(北村謙次)、ツブシー役にオラフル・ダッリ・オラフソン(中村大樹)などなどです。  

④豆知識
制作者キャスリン・ケネディーは93年に英国児童文学の第一人者であるロアルド・ダールの『オ・ヤサシ巨人BFG』を読み、この映画化には親友のスティーブン・スピルバーグが最適であると考え、もともとダールのファンだったスピルバーグもこの小説に惹かれ長年温めてきた作品だそうです。これまでも、ロアルド・ダールの作品には映画化した作品が多くあり『チャーリーとチョコレート工場』や『マチルダ』や『ジャイアント・ピーチ』などがあります。それから日本の宮崎駿監督もダールのファンでありオマージュとして『紅の豚』や『風立ちぬ』を作成しています。

それから、スティーブン・スピルバーグ監督といえば『E.T.』ですが、『BFG』の原作が出版された年と『E.T.』が公開された年が同じ1982年という事が偶然ながら注目されています。

「でもボクはこの映画と『E.T.』を比べない。もし比べるとしたら、どちらもメリッサが書いているということだけだ。彼は11~12年ごろ前からこの脚本を書き始めたんだけどあの頃と映画の作り方はかなり違っている。82年当時のボクと今のボクも違うしね。一つ変わらないのは良いストーリーを見つける事が出来たら、そのストーリーがボクに何が必要かを教えてくれるということだね。」とスティーブン・スピルバーグ監督は語っています。

BFGを演じたマーク・ライアンスは『BFGのように人間でない役を演じるのはすごく楽しかったよ。前作を撮影中にスピルバーグに、君に出てほしいって言われたんだよ。BFGの役作りに参考にしたのは祖父が住んでいたケント地方の住人たちだね。原作を読んで、僕の知ってる人にBFGを彷彿させる様々な英国人がいるとおもいだしたんだ』と本作について語っています。

⑤エンドロール後
最近、流行りのエンドロール後のオマケ映像はこの作品にはありません。トイレ我慢して確認しました(笑)
なので終わったら安心してすぐに戻って大丈夫です。( ̄ー ̄)bグッ!

⑥感想
そんな『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』の感想は、まあまあ普通でした。
スピルバーグらしい作品でした。映像はかなり綺麗です。話の展開もスムーズで飽きずにみれました。
しかし・・・めちゃくちゃ面白い訳ではなく、本当に普通の作品でした。

~あらすじ~
10歳の女の子ソフィールビー・バーンヒル)は、ロンドンの児童養護施設で生活していた。寝付きの悪いソフィーが窓から夜の街を見ていると、身長約7メートルの巨人マーク・ライランス)が出現し、彼女を巨人の国へ連れていく。巨人の名はBFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント。優しいBFGに、ソフィーは心を許すようになる。そして、子供たちに夢を吹き込む仕事をしているBFGと一緒に、ソフィーは夢の国へと向かう。

暇な時におすすめです。

海外映画 ブログランキングへ