2014年のイギリス映画。
監督は、ポール・キング。
原題『パディントン』
上映時間 1時間35分。

40カ国語以上に翻訳され、全世界で3500万部を売り上げ読み継がれているロングセラー児童書〝くまのパディントン〟。原作の誕生から半世紀を経て、その史上初の実写映画化したのが今回紹介する『パディントン』なのであります。ジャングルからロンドンにやってきたパディントンが自分の居場所を求めて大冒険?を繰り広げるお話です。

出演は、ヒュー・ボネヴィルサリー・ホーキンスジュリー・ウォルターズジム・ブロードベントピーター・キャパルディニコール・キッドマンベン・ウィショーマデリーン・ハリスサミュエル・ジョスリンマイケル・ボンドマット・ルーカスジュード・ライトケイヴァン・ノヴァクイメルダ・スタウントンマイケル・ガンボン。制作総指揮にロージー・アリソンジェフリー・クリフォードアレクサンドラ・ファーガソンオリヴィエ・クールソンロン・ハルパーンボブ・ワインスタインハーヴェイ・ワインスタイン、原作はマイケル・ボンド、脚本はポール・キング、音楽をニック・ウラタが担当しました。

原作者マイケル・ボンドが妻へのクリスマス・プレゼントとして購入したクマのぬいぐるみが基になっています。

そんな『パディントン』の感想は、つまらなかったです。

つまらない映画。とひと言で言っても色んなパターンがあるじゃないですか。最初の掴みがつまらないけど後半はまあまあとか。最初は面白いのに落ちがつまらないとか。途中から意味不明とか(笑)

この映画の場合、王道進んでつまらなかったです。このパターンだと最低でも普通でつまらないにはならない安定の作品になるはずなんですが・・・。説明がヘタな私が簡単に伝えるなら、要するに博打打たずに作ったのに大きく外した!って感じの作品です。

この作品は最初から最後までまったくハマらなかったです。普通、無理やり観ればダンダン盛り上がってくるハズなんですが・・・。簡単に説明するなら映画好きの才能ない奴が作った感じの作品。(辛口)

まず、最初は森でおじさんとおばさんと住んでる主人公のクマなんですが、地震でおじさんが亡くなります・・・。んで・・・ロンドンに引っ越す訳ですが・・・もう・・何で?って感じ。森でそのまま住んでれば良いじゃん・・・。引っ越す理由がまず弱い・・・。ハンターに襲われてとか、なんか・・・もっと・・・住めない理由がほしかった・・。

んで、大都会ロンドンのパディントン駅で親切なおばさんの家族に出会う訳なんだけど・・・・。もう・・・意味が分らない・・・。いや、意味分からない展開で面白い時は面白いんです。例えば『シザーハンズ』なんかも、そんな話の流れで親切な家族の家に行くんで・・・それ自体がダメとは言わないけど・・・。なんか・・・もう・・わざとらしい・・・。

あげくに・・・おばちゃん・・・パディントン駅の看板みて「あなたの名前はパディントンよ!」とか・・・監督・・これで決まった!とか思ってんの?まじ、わざとらしすぎて・・・はずかしい・・・。

ストーリーの展開がもう過去の作品の良い所を上手くパクッた気になってますが、完全にズレてる・・・。
例えば両手に掃除機持って壁をよじ登るシーンで片方の充電がなくなってピンチ『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のパクリで知ってる人なら笑えるシーンのはずなのに全然面白くない。何の楽しさもない。監督はしてやったり面なんでしょうが全然面白くない×2。というか笑いのセンスがない!タイミングがいちいちズレてる!

そもそもクマが可愛くない・・・。プーさんやテッドのような可愛さが全然ない。それにぬいぐるみじゃない訳だからもっと成長して大きくないと無茶じゃね?っとイチイチ気にいらない・・。というか・・・原作のパディントンはこんなに可愛いのに・・・。というか超かわいいクマじゃないかっ!!それが、いちいち汚らしいクマに変身・・・。

ニコール・キッドマンがクマをはく製にする為に、クマしかいない時に家に襲いに来る訳なんだけど・・・。いやいや・・・。何で森に捕まえに来なかったの?最初から登場しようぜ!軽く『ホームアローン』見たいなことしたかったのかな。そもそもクマ誘拐しようとするところが『テッド』の話とかぶるし・・・。

いやいや、本来映画や漫画も含めてなんで?ってよくよく考えれば疑問がでてくるものばかり。それを気にしないで観れるのが良い作品だし、観てる方も細かい事は気にしないんだけど。ぜんぜん、物語に引き込まれていないから、イチイチ細かい事が気になるわけです。

しかもパディントンの好物が〝マーマレード〟なのも気に食わない。(もう、メチャクチャいちゃもんです)
そもそも〝マーマレード〟って何で〝マーマレード〟って呼ぶわけ?だって、イチゴなら〝イチゴジャム〟でしょ?ブルーベリーなら〝ブルーベリージャム〟な訳で、オレンジジャムで良いだろ!?って言いたい!

正直、機嫌が悪いのか?ってぐらい文句タレマシタ私・・・。個人的には、この作品はスティーヴン・スピルバーグに手がけてほしいと思いました。(てきとー)

ところで、さんざん悪口いったこの作品の世の中の評判は良いみたいです。クマなら何でも当たりそうなんでくまモン実写映画化を日本でどうですかね?

~あらすじ~
ペルーのジャングルに珍しいクマがいた。好物はマーマレード、人間の言葉をしゃべり、挨拶とお礼を欠かさない紳士。突然の災害で家を失った彼はルーシーおばさんに送り出され、新しい居場所を探しにロンドンに旅立つ・・・。

おすすめしません。

海外映画 ブログランキングへ