人気ゲームの悪役でいることに疲れてしまったキャラクターが、お菓子の国を舞台にしたレース・ゲームの世界に入り込んでヒーローになろうとしたことから思わぬ騒動が巻き起こるアドベンチャー・アニメです。

「マリオ」シリーズのクッパ、「ストリートファイター」シリーズのザンギエフとベガなど、人気ゲームのキャラクターたちが次々と登場します。彼らが悪役としての苦労をセラピーで吐露するなど、マニアならずともニヤリとしてしまう場面が満載です。

2012年の映画。
原題『Wreck-It Ralph』(壊し屋ラルフ)
上映時間 1時間47分。

監督 リッチ・ムーア。
制作総指揮 ジョン・ラセター。
脚本 ジェニファー・リー、フィル・ジョンストン。
音楽 ヘンリー・ジャックマン。

声の出演 ジョン・C・ライリー、サラ・シルヴァーマン、ジャック・マクブレイヤー、ジェーン・リンチ、アラン・テュディック。

予告動画


あらすじ
アメリカで長年親しまれているアーケードゲーム「Fix-It Felix」の悪役キャラ、ラルフは、嫌われ者の悪役を演じ続けることに嫌気がさして自分のゲームから飛び出し、お菓子の世界で繰り広げられるレースゲーム「シュガー・ラッシュ」に出ることに。そこでラルフは、仲間はずれにされているヴァネロベに出会い、孤独な2人は友情を深めていく。(映画.com)

Disney INFINITY Wreck-It-Ralph Toy Box Pack

感想


この作品はまったく興味なかったんですが、付き合いで観たら面白かったです。
デズニー映画の中でもひと味もふた味も違う作品じゃないかと思います。

まず舞台となるのがゲームセンターのゲームの世界。もうこの時点で他に聞いたことがないですね。

でも正直なところ、見る前のイメージは全然期待してませんでした。(ぶっちゃけ)
 
「マリオ」シリーズのクッパとか、「ストリートファイター」シリーズのザンギエフとベガなど、そこが売りになって中身あんまりない作品なんでしょ?ゲームキャラクター知らないと楽しめないんでしょ?なんて馬鹿にしていた自分をお説教タイムですね。(優しく~叱って~♪)

大人が見ても十分に楽しめると思います。最初から最後までストーリーの進め方が上手でかったるい場面もなくトントン拍子に展開していきます。そして、ラストの方では鳥肌もんの驚きの展開が待っているのであります❗

もう発想が新しいんですよね。これはっ!なんだ!?って驚かされました。

第一印象というか、パッと見のイメージとは全然違う内容が凝ってる作品です。
騙されたと思って一度見てみてください(笑)。


豆知識
シュガー・ラッシュには合計で188のゲームキャラクターが出演していると言われており、この映画はそのためどこのシーンに誰が出てくるかを探すだけでも面白く、ついつい何度も見てしまう作品です。
頑張って見つけてみよう

おすすめです。


皆さんの感想



おしまい。