こんばんわ。ひさしぶりの映画紹介となります。(2週間ぶりぐらい?)

みなさん映画観てますかー?元気にしてましたかー?うん!うん!それはようござんしたね!
20170129_163359
少し記事の更新が遅れたのには理由がありまして・・・(言い訳モード突入)。

実は、最近〝大腸内視鏡検査〟をしたり〝ネイバーまとめ〟のデビューをしたりと色々と忙しかったのであります(言い訳)。

特にうれしいニュースが昨日〝ネイバーまとめ〟の映画部門で〝トピックキュレーター〟なるものに何と1位に選ばれました!みなさん拍手!ぱちぱち(自慢!)。
20170128_230039
まあ、三日天下どころか一日天下でしたが・・・。
これでやっと私も自他ともに認める〝映画好き〟になれたような気がしております(ぼんやり)。

でわ今日紹介する『ドクター・ストレンジ』の紹介をしていきたいと思っております。よろしく~でーす♪。

キャスト・スタッフ

2016年の映画。
上映時間 1時間55分。

監督 スコット・デリクソン。
脚本 スコット・デリクソン、C・ロバート・カーギル。
音楽 マイケル・ジアッキノ。

制作総指揮 ルイス・デスポジート、チャールズ・ニューワース、スタン・リー、ヴィクトリア・アロンソ、スティーヴン・ブルサード。

出演 ベネディクト・カンバーバッチ、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス、マイケル・スタールバーグ、ベネディクト・ウォン、ベンジャミン・ブラット、スコット・アドキンス、マッツ・ミケルセン、ティルダ・スウィントン。

予告動画
 
まだ公開2日目の『ドクター・ストレンジ』ですが正直ギリギリまで観る予定なかったんですよね。(ぶっちゃけ)

私の好きなベネディクト・カンバーバッチ主演の作品ではあったんですが・・・。

何故かというと、ベネディクト・カンバーバッチにヒーローものは似合わないって感じてたんですよ。
本当に勝手なイメージですよね。完全に決めつけてましたよ。はい。
だから、あんまり期待してませんでした。ところが・・・面白かった!
ホントにビックリしました。

あらすじ

ストーリーは良くあるパターンなんですが、なんかもうとにかく映像がすごかった!

まず、ベネディクト・カンバーバッチスティーブン・ストレンジというお医者さんなんですね。もうメチャクチャ腕の良いお医者さんなんです。

それで格好つけて高級車走らせながらスマホいじってる訳です。もうスピードで!普通の人は真似しちゃダメですよ。危ないから!事故起こすよ!きっと!でもスティーブン・ストレンジは主役だから大丈夫!
・・・なんて思ってたら、思いっきり事故!

両腕を怪我してもう手が全然自由に動かなくなっちゃう訳です。(かわいそー)

でも、どうしても医者に復帰したいストレンジは色々な方法を提案して手術するわけです。
結果はうまくいきませんでした。金も使いはたして・・もう身も心もボロボロ・・・。

そんなある日・・ストレンジはある噂を耳にするんですね。

それは半身不随だった患者で回復不可能と言われていた患者がいつの間にか病院に来なくなった。そしてその患者が元気に歩いている所を見かけたという話。

ストレンジはその患者を探して会う事になります。男はこうストレンジにいいます。「カスタマージにいけ。」と。

そこで謎の魔術師に出会う訳なんですが、もうめんどくさいので続きは劇場で!(笑)

感想

この作品を見ているとあれ?なんか色んな映画を思い出すぞ!ってなりました。

決してパクッてるという訳ではないんですが、建物が上に下に色々な方向に動くような映像はまるで2010年の『インセプション』を思い出しました。当然2010年の作品より素晴らしいというかスケールが違うというかコッチの方が映像は凄いです。

途中の話の展開とか雰囲気なんかは『スター・ウォーズ』の良い雰囲気を感じましたし、ラストの戦いは完全に2014年の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』そのまんまみたいでした!(笑)

ネタバレしないように説明するのが好きなんで詳しく言えないけど、なんか思い出せないだけで他の作品でも似てるのあるんですよね~。もう完全に〝ネイバーまとめ〟みたいな映画でした。(笑)

新しいんだけど、新しくない・・・凄い映画をみたな・・・。って感じです。

結構、金使ったんじゃないの~?って気がしました。まあ、マーベルは人気で固定のファンがいるのが強みですよね。だから強気で製作費ぶち込めるのかな。なんて素人考えで思ったり思わなかったり。(てきとー)

最後まで飽きずに楽しく見れました。

今回もマーベルシリーズの作品なんで、エンドロール後に2回オマケ映像が流れますので、トイレは少し我慢してください。

おすすめです。

皆さんの感想




おしまい。