トム・ハンクスとロバート・ゼメキス監督のコンビで飛行機事故で無人島に取り残された男の生還への孤独な戦いの姿を描いた作品です。


こんばんわ。今日はお昼ご飯に、コンビニでメンチカツを買いました。


コンビニの店員さんが「ソースはお付けしますか?」と聞くので、

私は「ソースはいりません」と答えました。

結果、袋の中にはソースが入っておりました。(びっくり)

コンビニの店員さんへ「私はメンチカツにソースなんて野暮なモノはつけませんよ!そのまま食います!ワイルドだろ~?」。


はい!話はそれてしまいましたが今日紹介するのはトム・ハンクス主演の『キャスト・アウェイ』という作品でございます。


2000年の映画。
上映時間 2時間23分。

監督 ロバート・ゼメキス。
脚本 ウィリアム・ブロイルズ・Jr。
音楽 アラン・シルヴェストリ。

制作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ、ジョーン・ブラッドショウ。

出演 トム・ハンクス、ヘレン・ハント、ニック・サーシー、ジェニファー・ルイス、クリス・ノース、ラリ・ホワイト、ヴィンス・マーティン、ジェフリー・ブレイク、マイケル・フォレスト、ジェイ・アコヴォーン、ナン・マーティン、ドミトリ・ボードリン、ピーター・フォン・ベルク。

予告動画


監督のロバート・ゼメキスといえば、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の監督といえばおお!ってなりますかね。

有名な監督なんでご存知とは思いますが、ブラッド・ピット主演の『マリアンヌ』が2月10日公開予定でもうすぐですね。こちらも楽しみです。

まあ、その話は置いといて!

あらすじ

チャックは速さを誇る宅配便“フェデックス”のシステム・エンジニア。世界中を駆け回り、システム上の問題解決に明け暮れる日々。一秒も無駄にしないことが信条の彼は、恋人ケリーとのデートも秒刻みだった。そんな彼はある時、飛行機事故に遭い、1人無人島に流れ着く。彼は恋人ケリーとの面影と新しい友達に見立てたバレーボールを支えになんとか生き延びる。そして4年が経った……。(映画.com)


感想

歯が痛む時はすぐに歯医者にいきましょうね。遭難でもしたら大変だからね。治せる時に治しておきましょう(軽くネタバレ)。

トム・ハンクスの乗る飛行機は不時着多いんですかね。
ハドソン川の奇跡』もそんな展開でしたよね。絶対、トム・ハンクスと同じ飛行機には乗りたくねー!(やっぱり)


夜の海って真っ暗闇なんですよ。本当になんにも見えません!昔、一度だけイカ釣りに出かけた事があり夜の陽が昇らないうちに出発するんですが、暗いのナンのって何も見えません!タイタニック号が氷山にぶつかるまで気がつかなかったのも納得の暗さです。って何の話か分らないですよね。

夜の海に墜落するんですよ。
結構ハードな展開ですよ。

トム・ハンクスが4年間も無人島で過ごして縄文人になって頑張る!って感じのお話です。(半分ホントです。)

現代人が原始人になっていく過程が今回の見せ場です。(嘘です)

まあ、トム・ハンクスじゃなかったら最後まで観るのは難しい作品ですね。

無人島なんで、トム・ハンクスが、ほぼ一人でお芝居する映画。
ちょっと、途中飽きちゃいました!(ぶっちゃけ)

でも、後半で上手くまとめたなぁ~と思いました。

後半は良かったけど中盤が長かった。もう時間にして4年ぐらいの長さでした。

なので評価は普通です。

暇な時におすすめです。

皆さんの感想






おしまい。