こんばんわ。

今日、紹介するのは、『IT イット』という作品でございます。

1990年に映像化されたスティーヴン・キングのホラー小説が元になっているお話です。

小説に登場する殺人ピエロ〝ペニーワイズ〟1990年にトミー・リー・ウォーレス監督により映画化されることで、小説の世界だけではなく映像としても世界中へ広まっていきました。

「ペニーワイズは30年に一度復活する」と作中で語られ、小説が発刊されたのが1986年。
2016年にその節目となる30年を迎え、31年目となった2017年にアンディ・ムスキエティ監督がリメイクした作品でございます。

アメリカでは予告編が公開されてから、24時間で1億9700万回という再生回数を記録した大注目のホラー作品です。
私はホラー映画が大の苦手で観ない予定でいましたが…観ちゃいました(苦笑)

2017年の映画。
上映時間 135分。

監督 アンディ・ムスキエティ

製作総指揮 デイヴ・ノイスタッター

脚本 ウォルター・ハマダ、リチャード・ブレナー、トビー・エメリッヒ、マーティ・P・ユーイング、ダグ・デイヴィソン、ジョン・シルク、ニーヤ・クイケンドール、チェイス・パーマー、キャリー・フクナガ、ゲイリー・ドーベルマン

音楽 ベンジャミン・ウォルフィッシュ

出演 ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、ジェレミー・レイ・テイラー、ソフィア・リリス、フィン・ウォルフハード、ワイアット・オレフ、チョーズン・ジェイコブズ、ジャック・ディラン・グレイザー、ニコラス・ハミルトン、ジャクソン・ロバート・スコット

あらすじ

静かな田舎町で児童失踪事件が相次いで起きていた。内気な少年ビルの弟が、ある大雨の日に外出し、おびただしい血痕を残して姿を消した。自分を責め、悲しみにくれるビルの前に現れた「それ」を目撃して以来、ビルは「それ」の恐怖にとり憑かれてしまう。不良少年たちからイジメの標的にされている子どもたちも、自分の部屋、学校、町の中など何かに恐怖を感じるたびに「それ」に遭遇していた。「それ」の秘密を共有することとなったビルと仲間たちは、勇気を振り絞り、「それ」と立ち向かうことを決意するが……。(映画.com)

予告動画
 
“それ”にしてもピエロって怖いですよね~。

ピエロが出てくるなんて“それ”だけでも怖いのにホラー映画ですからね~。

20171112_181651

日本での公開日は2017年11月3日なんですが、全米では9月8日に封切りしました。

公開3週目には287億円を突破して1973年に公開されたホラー映画『エクソシスト』の興行収入を抜いてホラー映画史上最高記録を更新!

イギリス、ブラジル、ロシア、オーストラリア、オランダなどで軒並みチャート1位を獲得しているそうですよ。

“それ”じゃあ観るしかないじゃないですか!(やっぱり)
20171112_181740

ただし、これから観に行く方にどうしても伝えておきたい事があります。

それは『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』あるあるなんですが、上映中がうるさい!
可能性が結構高いという事です!\_(・ω・`)ココ重要!


絶対にうるさい!ではなく静かだったというお話も聞きますが、ほぼ全国的にこの作品の客層はマナーが悪いそうです。(残念!無念!!)

私の場合もそうでした!(笑)

上映前からザワザワ…。

高校生А「ポップコーン忘れた!買いに行ってくる!」

高校生B「一緒に行く!!」

高校生C「おいてかないで~!」

私の心の声「まあまあ、CM中だからギリギリ許そう!」
BlogPaint

上映中

怖いシーンで...

高校生A 「わあっ!!!」

高校生B 「今のビビったしょ!!マジで!?」

高校生A「いやいや!ビビってないから~!!」

私の心の声「うるせぇ!ビビってんじゃねー!!」
BlogPaint

また怖いシーンで、

大学生A 「うおt!!!今のビックリしたー!!」

私の心の声 「いちいちビビってんじゃねー!!声に出すんじゃね~!!」
BlogPaint

その後も…ガヤガヤ…ざわ・・・ざわ・・・。

私の心の声「コイツラ、ビビる度にざわ・・・ざわ・・・やめろーーーーーーー!!!」

個人的にはですよ?あくまでも個人的にはうるさくて助かった!(ぶっちゃけ)

怖いの苦手だからみんなのおかげで全然怖くなかったよ!でもね、ホラー映画で怖くないって…。(苦笑)
BlogPaint

上映中はお静かにっ!!

“それ”だけです…。

豆知識

ジョン・ゲイシーとは

少年時代はボーイスカウトに入っていたことがあり、資産家の名士でチャリティー活動にも熱心な模範的市民だと思われていたが、アルバイト料の支払いなどの名目で呼び寄せた少年に性的暴行を加えたうえで殺害し、その遺体を自宅地下および近くの川に遺棄していた。自身の同性愛を隠すために殺害したとされている。1972年から1978年のあいだ、少年を含む33名を殺害したことが明らかになっている。彼の犯行はアメリカ社会を震撼させた。刑務所で彼の描いたピエロの絵画は連続殺人者犯マニアには大変な人気があり、展示会が開かれたり、高値で取引されている。著名人では俳優ジョニーデップが購入して所有している。Wikipedia


感想

みんなで観たから全然怖くなかったです。

1986年の『スタンド・バイ・ミー』に似ているとの声をよく耳にしますが、1985年の『グーニーズ』の方も似てないですか?

スタンド・バイ・ミー』+『グーニーズ』+ピエロ+ホラー+うるさい=怖くない!でした。

“それ”から『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』は1章でこの後続編が公開予定です。

スティーヴン・キングによる1986年の原作は、小さな町で悪魔と闘った子どもたちのグループが大人になって再び悪魔と闘うストーリーなので次は大人バージョン!

ペニーワイズに出会って助かった子供たちはその後、成功するらしいですよ。でも町を出るとペニーワイズの事を忘れてしまうとか。

公開予定日は2019年の9月6日!!

次は静かに観る努力をしましょう。\_(・ω・`)ココ重要!

おしまい。