早稲田大学在学中に小説家デビューし、第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウの同名小説を吉田大八監督が映画化した作品です。



2012年の映画
上映時間 1時間43分

監督 吉田大八

原作 朝井リョウ

脚本 喜安浩平、吉田大八

音楽 近藤達郎

出演 神木隆之介、橋本愛、東出昌大、大後寿々花、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大、前野朋哉、高橋周平、鈴木伸之、藤井武美、栗原吾郎、永井秀樹、猪股俊明、桜井聖、奥村知史

予告動画



~あらすじ~
とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつもと変わらず部活に励み、一方暇を持て余す帰宅部がバスケに興じるなど、それぞれの日常を過ごしていた。ある日、学校で一番人気があるバレー部のキャプテン桐島が退部。それをきっかけに、各部やクラスの人間関係に動揺が広がり始めていく。シネマトゥデイ











感想

個人的な意見ですよ。

マジでしんどいw勝手にやめてくれw
全然意味が分からなかったです。長々と落ちもなくつまらない時間が続きました。
最後まで頑張って見ました

もうね、桐島出てこねえじゃん!全然!

いや、出てこないのは別に構わない!!(どっちやねん!)

登場人物の姿が最後まで出てこないでも面白かった映画も過去にはあったし。

例えば、スティーヴン・スピルバーグ監督の『激突』とかね。

簡単にストーリーを説明するとね。(そもそも大して中身ない)

上のグラサンのオジサンが大型トラックにクラクション慣らしてイキがったら、キレた暴走トラックにしつこく襲われて死ぬ思いをするわけ。このトラックの運転手の姿は最後の最後まで一切出てきません。ただそれだけの映画。

『ジョーズ』も姿あんまり見せなかった。ホラー映画なんか姿が見えないほうが怖いとおもうし。


でもね・・・『桐島、部活やめるってよ』というタイトルで別にホラーでもないのに・・・・。

桐島見せないなら最初に言ってくれよ。桐島いつ出てくるか、そればっかりでストーリーなんか全然頭に入ってこないじゃん。分かる?この気持ち?

ドラゴンボールで言ったらだよ?


クリリンが『悟空~!早く来てくれ~!!』なんて叫んで・・・・、

ベジータが『そいつは、カカロットのことか?3時間だけ待ってやる!』

みたいな流れで、最後の最後まで悟空が来ないで完・・・・・。

あるいは『ドラゴンボール』ってタイトルなのにドラゴンボールが出てこないで完・・・・。
BlogPaint
は?
BlogPaint
こんなもんね。何が伝えたいとか、桐島とキリストかけたとか、くだらねんだよ。

そんな難しい事どうでもいいんだよ。タイトルから間違ってんだよ!!

私ならこう言います『霧島、相撲やめるってよ』←これもつまらない

んじゃ、これ『桐島、出演やめるってよ』←ギリギリ・・・。

タイトルに釣られて見ましたがダメでした



おすすめしません…