2003年の映画。
監督はエドワード・ズウィック。
上映時間 2時間34分。

舞台は明治維新直後の日本。政府は軍事力の近代化を図ろうと西洋式の戦術を取り入れ始めていた。
一方で廃刀令に従わない侍たちを根絶させようと企んでいた。

やがて、政府と日本市場を狙うアメリカ実業家との思惑が一致、政府軍指導のため南北戦争の英雄ネイサン・オールグレン大尉(今は酒びたりの生活)が日本へやってくる。彼はさっそく西洋式の武器の使い方を教え始めるが、ある時、政府に反旗を翻す侍のひとり勝元との戦いに敗れ捕虜となります。

そして、彼ら侍たちの揺るぎない信念に支えられた“サムライ魂”を感じ取った時、オールグレンは失いかけたかつての自分を思い出していく。

ラスト・サムライ(Blu−ray Disc)
ラスト・サムライ(Blu−ray Disc)

やっぱり、渡辺謙と真田広之はカッコいい

ストーリーは単純ですが、役者と映像が素晴らしいなと思いました。

鉄砲隊に騎馬隊が向かって行くシーンが迫力あって👍


豆知識

渡辺謙は「ラスト・サムライ」のオーディションに二日酔いでいったらしい(笑)

お酒を飲んでいたら、マネージャーから次の日に帝国ホテルでオーディションがあると伝えられ酔いながら台本を覚えて現場に向かったらしい。

おすすめです。

海外映画 ブログランキングへ