2014年の映画。
監督は、ロバート・ストロンバーグ
上映時間 1時間37分。

この映画は1959年のディズニーのアニメーション映画『眠れる森の美女』のリメイク実写化。
アニメの実写化やリメイクの作品って結構多いけど、ほぼハズレの気がします・・・。
そんな中この作品は面白かったです。

この作品は『眠れる森の美女』の悪い魔女マレフィセントの視点から物語が始まるという新しいパターンです。ストーリーも面白く、立場が変われば見方もかわるディズニー・キャラクターの中でマレフィセントが一番好きだと語るアンジェリーナ・ジョリーの演技も最高でした。
 
出演はアンジェリーナ・ジョリーシャールト・コプリーエル・ファニングサム・ライリーイメルダ・スタウントンジュノー・テンプルレスリー・マンヴィルブレントン・スウェイツケネス・クラナムハンナ・ニューイゾベル・モロイエラ・パーネルヴィヴィエン・ジョリー=ピット

制作総指揮にアンジェリーナ・ジョリードン・ハーンパラク・パテルマシュー・スミスサラ・ブラッドショウ、脚本にリンダ・ウールヴァートン、音楽をジェームズ・ニュートン・ハワードが担当しました。

アニメも含めてだけど最近のディズニーは本当に映画に力を入れてる気がします。
この映画は映画館で観たんですが当たりでした

本作は、アンジーブラッド・ピットの娘、ヴィヴィアンがオーロラ姫の子供時代を演じていることでも話題に。アンジーとの共演シーンもあり、親子共演を果たしています。

娘の起用についてアンジーは、「オーディションを行ったものの、マレフィセントの姿をした私を見た子供たちが泣き出してしまったため、怖がらなかった娘を起用することにした」と語っているそうです。
確かに怖いかも・・。

それから、大人のオーロラ姫役を演じるエル・ファニングといえば『スーパーエイト』などに出演し『となりのトトロ』の英語吹替え版を演じるなどアメリカで人気の女優さんです。

正直に申しますと・・私は昔から悪役のキャラクターが好きなんです。
正義の味方はあんまり好きじゃない・・。

たとえば、アニメ『アンパンマン』なら、しょくぱんまんより、バイキンマンが好き

映画『スター・ウォーズ』ならオビ=ワン・ケノービよりダース・ベイダーが好き

プロレスなら武藤敬司よりグレート・ムタが好き

要するにっ・・・・・。ざわ・・・。

ざわざわ・・。

ざわざわざわざわ・・。

こんな感じっ

悪ふざけすみませんでした

アンジェリーナ・ジョリーが『マレフィセント』の続編に再び主演することが明らかになった。4月25日にディズニーが同作へのアンジーの出演を正式に発表したと英紙デイリー・メールのサイトが伝えている。

って記事を見つけて続編出来たら当然観に行きたい
~あらすじ~
ディズニーアニメ『眠れる森の美女』ではオーロラ姫に呪いをかけた悪役だった、邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)を主人公としたお話。
彼女の過去とオーロラ姫を永遠の眠りにつかせる呪いをかけた理由があかされる。


おすすめです。

海外映画 ブログランキングへ