2015年の映画。
監督は、ケネス・ブラナー。
上映時間 1時間45分。
 
母を病気で、父を事故で失ったエラは、父の後妻である継母とその連れ子のドリゼラとアナスタシアに「灰まみれのエラ」を意味する「シンデレラ」と呼ばれ、召使いのように扱われていた。ある日、耐えきれずに家を飛び出したエラは、森の中で城で働いているという青年キットと出会い、心を通わせる。王子である身分を隠していたキットは、城に帰ると父である国王から政略結婚を勧められるが、森で出会ったエラが忘れられず、彼女を探し出すため国中の未婚女性を招いた舞踏会を計画する。(映画.com)

出演はケイト・ブランシェットリリー・ジェームズ、リチャード・マッデン、ステラン・スカルスガルド、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー、デレク・ジャコビ、ノンソー・アノジー、ベン・チャップリン、ヘイリー・アトウェル、ヘレナ・ボナム=カーター

制作総指揮にティム・ルイス、脚本にクリス・ワイツ、音楽をパトリック・ドイルが担当しました。

不朽の名作アニメーションとしても愛されているシンデレラをディズニー・スタジオが実写映画化しました。
シンデレラ役を演じる新人リリージェームズは今後ブレイク間違いなしの注目株です。
監督は、『マイティー・ソー』のケネス・ブラナーがメガホンをとり、ケイト・ブランシェットやヘレナ・ボナム・カーターなど実力派女優と豪華な顔ぶれです。

そんな、『シンデレラ』を私は、映画館で観たんですが面白かったです。
まま母役のケイト・ブランシェットがかなりの演技力
悪そーうこわ~い。

エラが灰で汚れた姿を見てエラをシンデレラ(シンダーエラ/灰かぶりのエラ)と呼んで馬鹿にしてからかっていたるシーンがあったんですが、『シンデレラ』の意味が『灰かぶり』って知りませんでした

もしかして・・・有名なの
知らないの俺だけ
まさか~

カボチャの馬車・魔法のドレス・そしてガラスの靴がきれいだった。

満足度80点

『俺さぁ~映画館で灰かぶり姫観たんだけど面白かった』って明日から言ってみましょう

~あらすじ~

貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子である姉妹ドリゼラとアナスタシアと暮らすことになったエラ(リリー・ジェームズ)。
だが、父親が不慮の事故で命を落とし、それを機に継母と義理の姉妹からつらく当たられ、召使いのように扱われる毎日を送る。
勇気と優しさが魔法の力になるという亡き母の教えを胸にひどい仕打ちに耐えてきたエラだったが、ついにこらえきれずに家を飛び出してしまう。
森へと馬を走らせた彼女は、城で働いているという青年キット(リチャード・マッデン)と出会い、心惹(ひ)かれるが……。
 
おすすめです。

海外映画 ブログランキングへ