2014年のアメリカ映画。
監督は、ジョゼ・パヂーリャ。
原題『ロボット警官』
上映時間1時間57分。

瀕死の警官をロボット化し、最強の警官に生まれ変わらせる・・・1987年に公開されて人気があったポール・ヴァーホーヴェン監督の同名作品を新たな視点でリブートした近未来SFです。

主演にジョエル・キナマン、共演にゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュサミュエル・L・ジャクソンなどなどです。

当時のロボコップはこんな感じです。

確か、シリーズは3まであったはず・・・。
動きはドンくさいイメージでした。
動きが早くなって色が変わったのがわかりますか?(笑)

そんな『ロボコップ』の感想は、映画館で観たんですが普通でした。

豆知識
「ロボコップ」のモデルは宇宙刑事ギャバン(笑)
映画製作の際、監督からバンダイの村上克司へ『宇宙刑事ギャバン』からのデザイン引用の許諾を求める手紙が送られ、村上が快諾していた。


~あらすじ~

2028年、アメリカのデトロイト。巨大企業オムニコープ社がロボットテクノロジーを牛耳っていた。警官のアレックス(ジョエル・キナマン)は愛する家族と幸せな日々を過ごしていたが、ある日、車の爆破に巻き込まれる。かろうじて命を取り留めたアレックスは、オムニコープ社の最先端のテクノロジーによってロボコップとして生まれ変わり……。


暇な時にオススメです。

海外映画 ブログランキングへ