2011年のアメリカのホラー映画。
監督は、ドリュー・ゴダード
上映時間 1時間45分。

出演にクリステン・コノリークリス・ヘムズワースアンナ・ハッチソンフラン・クランツジェシー・ウィリアムズリチャード・ジェンキンスブラッドリー・ウィットフォードエイミー・アッカーブライアン・ホワイトティム・デザーントム・レンクジョデル・フェルランドシガーニー・ウィーヴァーなどなどです。制作総指揮にジェイソン・クラーク、脚本にジョス・ウェドンドリュー・ゴダード、音楽を、デヴィッド・ジュリアンが担当しました。

DVDで観たけどつまらなかった。
この映画のつまらなさは賭けても良いです。
つまらないです。
~あらすじ~

森の別荘へとやって来たデイナ(クリステン・コノリー)やカート(クリス・ヘムズワース)ら大学生の男女5人。彼らが身の毛もよだつような内容のつづられた古いノートを地下室で発見し、呪文を唱えてしまったことから、何者かが目を覚ましてしまう。一方、彼らの知らないところではその一部始終が監視され、コントロールされていたのだった。そして、何も知らない彼らに魔の手が忍び寄り……。

おすすめしません。

海外映画 ブログランキングへ