2012年の映画。
監督は、マイケル・ホフマン。
原題 『第一手』
上映時間 1時間30分。

出演は、コリン・ファースキャメロン・ディアスアラン・リックマン、トム・コートネイ、スタンリー・トゥッチ、アンナ・スケラーン、伊川東吾、ジェラード・ホランなそなどです。

制作総指揮に、リザル・リシャド、フィリップ・エルウェイ、脚本にジョエル・コーエン、イーサン・コーエン、音楽をロルフ・ケントが担当しました。

大して期待していた訳でもなく普通に観てつまらなかったです。
キャメロン・ディアスと相性が悪いのか良い思い出がまったくないっす・・・。

~あらすじ~
美術学芸員のハリーコリン・ファース)はモネの名画のニセモノを使った詐欺を思いつく。相棒PJキャメロン・ディアス)が絵画の所有者に成り済まし、ハリーは本物と見まがうような贋作を用意して標的の億万長者シャバンダーアラン・リックマン)に近づく。しかし超天然のPJが次々と騒動を巻き起こし、シャバンダーが別の絵画鑑定士を呼んだことで、成功間違いなしのはずの計画は予期せぬ方向に……。

おすすめしません。

海外映画 ブログランキングへ