2010年の映画。
監督は、ジョアンナ・ホッグ
上映時間 1時間55分。

感想も何も最後まで観る事が出来ないぐらいつまらない作品でした。
俳優トム・ヒドルストンの初主演作品という事で観たんだけど・・・・。

そのつまらなさに恐怖すら覚えました。例えるならこんな感じ。


今まで、観た中でも5本の指に入るつまらない作品でした。
んじゃ、何で記事にしたか?って事なんだけど、要するに見るな見るなって事です。

いいかよーく聞きやがれっ絶対に見るんじゃないぞっお前の手に負える相手じゃないんだーー

・・・・・・・・。

以上です・・・。

あらすじ

「マイティ・ソー」シリーズのロキ役で知られるイギリス人俳優トム・ヒドルストンが、ブレイク前に主演した家族ドラマ。裕福な家庭で育った青年エドワードは、アフリカで1年間ボランティア活動に従事することに。彼が出発するまでの間、家族は母パトリシアの提案でシリー諸島にある別荘で過ごすことになり、エドワードと姉シンシア、料理人ローズと絵画教師クリストファーがやって来るが、父だけは姿を見せない。優雅な日々を過ごす一方でどこか不安な空気が漂うなか、ついに姉が感情を爆発させたことで、家族が抱えてきた問題が浮かび上がってくる。
家族の波紋(DVD)

家族の波紋(DVD)
おすすめしません。

海外映画 ブログランキングへ