2015年の映画。
監督は、セス・マクファーレン。
原題 『テッド2』
上映時間 1時間56分。

R指定のオリジナル・コメディー映画として世界歴代1位のヒットを記録し、日本でも興収40億円を超えるヒットで一大ブームを巻き起こした『テッド』の第2弾です
 
前作から数年後、恋人と結婚したテッドは子供を欲するが〝ぬいぐるみに人権はあるのか〟という壁に衝突。自らが所有物ではなく人間であることを証明する為に、政府を相手に裁判に挑むってお話なんですが内容なんか正直どうでも良いです。テッドが見れれば良いのです。(笑)

出演は、マーク・ウォールバーグアマンダ・セイフライドジョヴァンニ・リビシジョン・スラッテリーモーガン・フリーマンジェシカ・バースサム・J・ジョーンズパトリック・ウォーバートンマイケル・ドーンビル・スミトロヴィッチジョン・キャロル・リンチロン・カナダジェシカ・ゾーセバスチャン・アーセラストム・ブレイディデニス・ヘイスバートタラン・キラムジミー・キンメルジェイ・レノケイト・マッキノンボビー・モナハンリーアム・ニーソンレニー・クラークパトリック・スチュワートナナ・ヴィジターラルフ・ガーマン。脚本をセス・マクファーレンが担当しました。

そんな『テッド2』の感想は、映画館で観たんですがまあまあでした。正直、個人的に作品としては前作の方が面白かったです。でも、テッドが見れて満足です。

~あらすじ~
アルバイト先で出会った恋人タミ・リン(ジェシカ・バース)と愛を育み続け、ついに結婚を果たしたテッド。幼いころからの親友ジョン(マーク・ウォールバーグ)との悪ふざけと新婚生活を楽しむ中、彼はタミ・リンとの子供を欲しいと思うように。だが、自分が縫いぐるみではなくて人間であることを証明しなければ子供を持てないと知った彼は、女性弁護士サマンサ(アマンダ・セイフライド)のもとへ相談に。そして、彼女とジョンの協力を得ながら、法廷に立って自分は人間だと証明しようとするテッドだったが……。
 
暇な時におすすめです。

海外映画 ブログランキングへ